出会い系、婚活サイトで知り合ったこれじゃあ結婚できないのは納得の男性の特徴

出会い系サイト、婚活サイトで、合計2000人以上の交流した私が、「これじゃあ結婚できないのは納得」の男性3連発をご紹介します。

 

とにかくコミュケーションが取れない人

1つ目が、とにかくコミュニケーションが取れない人です。

もともと男性は、仕事とか、何かを伝えるとか、連絡するような目的がない会話、ただのおしゃべりや、共感を得るだけ、相手のいうことを聞くだけのコミュニケーションは、苦手としています。

女性同士で、「ねえねえ、聞いて」とか、「知ってる?」とか「ムカつくの」とか、とにかく、話して聞いてもらうだけ、ただ話すことを楽しむのは、男性には、理解しにくいものです。

しかし、女性は、好きな彼氏とだったら、彼氏のことはよく知りたいし、お互いのことを理解してほしいし、今日あったことなど、たわいもない話をしたがるのです。

そういう話ができそうにない、必要以上のことを言わない、短文しか言わない、生返事しかしない、はっきり言って、何を考えているか、感じているか、説明しない男性は、結婚どころか、女性とのおつきあいも無理でしょう。

出会い系でサイトであった無言男性は、サイトでは、人の言葉をコピーしていたのか、コミュニケーション取っていたのですが、会うと「喫茶店行こうか」といきなり、スタスタあるきはじめ、入るなり「コーヒー」と注文した後は、ほとんど会話にならず、30分も、気まずい時間が流れました。

 

自己完結の人

2つ目は、自己完結の人です。

長く一人暮らししていると、一通りの家事、炊事、洗濯、掃除ができるようになり、中には、主婦よりも家事上手な男性もいます。そこで、家事について、こだわりを持ってしまって、これを自慢されると、仕事をもち、普段家事をしない女性は、引いてしまいます。

「アイロンがけは、袖口からかける」とか、「料理のレパートリーは100種以上、冷蔵庫には、作り置きの料理で一杯」と、小指を立てて、スムージーを飲みながら、45分も自慢をした42歳の男性には、あきれました。結婚したら、同じレベルの家事を要求されるのは、目にみえていますから、早々に「この人はない」と見切りました。

この人は婚活系サイトで知り合った人ですが、リアルで会う前は、タバコを吸わない、健康志向の人で、趣味の話で盛り上がっていたのですが、実際に会って、健康オタクと家事オタクであることがわかって、がっかりしました。

 

とにかく蹴っこできれば良いと考えている人

3つ目は、とにかく結婚できればいいと思う人です。

婚活サイトは、数多く女性が登録されています。しかし、中には、サクラも混じっているし、何回かメッセージを交換した後に、初めてリアルで会うことになるので、実際に会える人数は多くないものです。

婚活サイトであった40歳、都内国立大大学院卒業で、研究所勤務なので、女性と出会う機会が殆ど無いという男性は、焼きそばを頬ばりながら、いきなり「結婚しましょう」と言い出しました。

焼きそばという、およそ、デートには不向きなメニューを選び、そもそも、焼きそばの店を選んだのは、「安いところにしましょ」と私の意見も聞かずに、一方的に決めたので、会って5分で、ホントは帰りたくなったのに、こんないきなりプロポーズには、驚きました。

「ろくに話してもいないのに、なぜ」と訊くと、「40歳になったので結婚したい。この婚活サイトには、1年位登録しているが、会えたのは、4人。あなたが一番いいから」と、彼は、答えました。

「4人は少ないかな」とはいえ、「気にいってくれたのは嬉しい」とまんざらでもない気持ちになりました。しかしそれは、つかの間のこと、すぐに「どんどん、行かないとね。時間ないから」と続けたので、自尊心が砕け散りました。

婚活とはいえ、あんまりですね。女性は認められて、愛されて、結婚したいものなんです。

 

まとめ

女性とコミュニケーション取れない男性や、自己完結な男性、結婚を焦る男性は、結婚できないのでご注意しましょうね

コメントを残す