私が出会った結婚できない女性

現代は結婚しない女性がとても増えていますよね。

結婚より仕事を優先する女性や、子どもがほしくないので結婚する必要がないという女性。様々な生き方を選択できるようになり、「女性の幸せ=結婚」という考え方がなくなってきました。

そんなあえて結婚を選ばない女性が増えている一方で、結婚したいのにできないという女性も増えています。金銭的な理由で男性側が結婚に対して消極的になっているという社会背景も原因の1つではあります。しかし結婚できない女性は、必ず女性自身にも原因があるんです。

今回は結婚できない女性に共通する特徴をご紹介します。

 

特徴その1「理想が高い」

 

安定した職業、高収入、そこそこの顔とスタイル、優しい性格の男性に女性は惹かれやすいと思います。しかしこんな完璧な男性は存在しません。結婚するなら理想に近い男性がいいというのは理解できますが、どんなに待ってもそんな男性はやってきません。

結婚に必要なのは「妥協」すること。妥協ができず、理想ばかりを追い求める女性は結婚から遠ざかってしまいます。特に「年収1000万以上」と年収を気にする女性。生活していくうえで最低500万あれば十分です。男性側からすれば「どうして1000万以上じゃなきゃダメなの?

お金目当てでしょ」と思われても仕方ありません。それにそんな高収入の男性はほとんど存在しないため、出会うことすら難しいです。理想が高い女性は結婚のハードルも高くなるため、なかなか結婚までたどり着けない人が多いです。

 

特徴その2「相手に求めてばかり」

「高収入な男性がいい」「家事育児は手伝ってくれなきゃ嫌」等々、結婚するなら○○な男性がいいと考える女性は多いです。この考え自体は悪くありませんが、男性側の気持ちになって考えてみてください。「じゃあ貴方は何をしてくれるの?」と思いませんか?

男性側にたくさん条件を出すのはいいですが、その分自分も相手に貢献しなければいけません。結婚できない女性はこの部分を忘れがちで、相手に求めてばかりな人が多いです。結婚生活は助け合いです。「私は家事、あなたは仕事」と役割分担したり「共働きで家事は分担」とルールを作ったりして助け合って生きていかなければいけません。「私は専業主婦で、あなたは忙しく働いてお金をたくさん家にいれて家事育児ももちろん手伝ってね」という女性と男性は結婚したいと思うでしょうか。

自分の気持ちを押し付けるばかりで、相手の気持ちを考えられない女性はなかなか結婚相手として受け入れてもらえません。

 

特徴その3「常に受け身」

「そのうちいい出会いがあるでしょ」と何も行動しない独身女性がとにかく多いです。今は仕事に集中しているとか、30までに結婚すればいいからまだ大丈夫とか、何かと理由をつけては動かない女性は結婚から一番遠い存在です。行動しなければ出会うことすらできません。

「そのうち~」と思っている間に、時間はどんどん過ぎていき、婚期を逃して慌てて婚活してもその時には年齢の壁があります。そして、婚活を始めてからも「男性から誘ってほしい」「男性から告白してほしい」と受け身でいる女性はなかなか選ばれません。

受け身の女性はよく「出会いがない」と言いますが、正確には「出会いを探していない」のです。男性側から動いてほしいと受け身でいる女性は、その分出会いを逃してしまい結婚が遠のいてしまいます。

 

以上、結婚できない女の特徴3点をお伝えしました。

まとめてみると「理想が高い」「相手に求めてばかり」「消極的」と少女漫画のような恋愛にあこがれている感じがみられます。乙女な性格の女性に多いのかもしれませんね。恋愛だったらこういう乙女な女性もいいと思いますが、結婚となると別です。しっかり支えてくれる女性が男性から求められます。いつまでも乙女気分の女性は結婚できない人が多いようです。

コメントを残す